いいねされなくとも今年を振り返れ他人に自分を委ねるな人 その①

 12月も一週目が終わってしまったよ本当にどうする。最近は真面目に勉強しているからまともな大学生になってきたとはいえ、今更まともになったところで残り少ない2018年に何かを成せるかと言ったら否であろう。何かをなすことにこだわる必要は無いのだけど、自分を省みるとついついそこに注目してしまう。

 客観的に見たら、今年に成したことナンバーワンといえば入試難易度も社会的評価も高い現在の大学に合格してしまったことであろう。実際に憧れ続けていた大学だし、合格したときは本当に喜んだ。憧れが現実になると夢を見ている気分になるなんていうけれど、ほんとうにその通りで、どこからか「ドッキリ大成功!」の札を持った人が目の前に出てくるのではないかと気が気でなかった。

 ドッキリと言うこともなく、大学生活がスタートする。

 新歓でタダ飯を食っていた。タダ飯を食わない日は自炊をしていた。今と比べると何もすることがなかった放課後、前期は何をしていたんだ?と思い出すとそう。自炊をしていた。ただ他に何をしていたかと言われると、鬱になってTwitterで鬱々していた以外に記憶が無い……。GyaOとかアマプラでルパンのテレビスペシャルを観たりスペースコブラを観たりしていた気もするな。在宅アニメ君。

 こういう生活は、受験生の時に抱いていた「大学生になったらこんなことするんだ」という期待感との落差が大きすぎた。具体的に言うと、私は大学生になれば我慢していた読書を解禁して、文豪の作品を読みまくるような気がしていたし、思い立ったら書く程度の取り組みしかしていなかった二次創作で長編を書いたり、自らゼロから話を作り上げて文学賞に応募したりするのかと思っていた。

 両者とも、達成の域には達していないだろう。前者はレミゼの三巻で挫折しているし、読もうと思っていた「戦争と平和」なんて一生読まないでしょうねこの調子では。そして後者は悲惨。実際の女性と触れ合う機会のある環境に投げ込まれたおかげで、純粋な脳内お花畑は汚染されてもうPドルなんて一生書けないような気がするし、もはやミリオンライブを追いかける体力がない。まあそれはよいとして。ゼロからの創作というのも難しくて全然取り組んでおらんし。適正ないんじゃねえの。大学は行ってから書いたのはハーモニーに触発されたのだろうな、と容易に推測できる痛いSF風二次創作だけである。

 よくよく思えば90ブクマくらい貰っているエレナのPドルも書いたのも今年か。2月だもんな。あれはもはや他人が書いた作品で、今はもうだめだめです。肇ちゃんの話のプロット的なものを書いたけど、文章に起こせるかどうかは分からない。書きやすそうなシーンから書いているけれど、ゲスト出演と思っていた田中の出番があまりにも多すぎる。どんなアイドルか、私が自分の中で像を形成できている田中が出てくるシーンが書きやすいからか。

 

 理想とはほど遠かった大学生活もクソみたいな部分しかないわけではない。

 一人暮らしを始めたおかげもあって新しい趣味とか出会いが多かった。カメラを初めてポートレート写真を眺めるようになったし(自分では撮れないから眺めている)、サークルではカメラ係だと自分で思い込んで飲み会の度に写真を撮っている。ちなみにここには自分が写ることがないのは悲しい。

 短歌を読むようになった。なんか鬱々していて本も読めなかったときに「これなら読めるやろ」と思って買ったのが始まり。31文字ですぐにエモくなれるから非常によい。

 あとは欅坂なんかにも。アイドル番組とか、アイドルへのインタビューなんかにも意識を向けるようになったから、アイドルの二次創作書いたらかなーり生かせるんだろうなほんとに。今プロット書いた肇ちゃんの話もかなりそこからの影響が大きい。私は二次元アイドルが好きなのではなくてアイドルが好きなのだった。オタクの一部は同じような人いると思う。騙されたと思ってアイドルソングを聴くと良いです。

 そして陶芸。夏休み以降狂ったように取り組んでいるし、今はちょうど電動ろくろを練習し始めたところ。ものを作るのは好きだからかはまってしまっている。これから寒い冬の間も取り組み続けたいものです。水が冷たくなるとあんまり陶芸したくなくなるんですよほんとうに。

 

飽きたので続きはまた。